コンプレックスについて

コンプレックスについて

幼い時に片親と別れて自分は捨てられたと思った経験や
大好きなパートナーが他の異性を好きになってしまったり
小さな頃から自分が満たされない思いでいたり
家庭の事情で進学出来なかったり

様々な生活環境の中で私達はコンプレックスを形成していきます。

その原因の一つは
何でも与えられて育った為に、手に入らないものがあることを受け入れられなかったりする心があるからです。

これをご覧になった方の中には、『自分は生活環境が酷くて、本当に何も与えられなかった』と思う方もおられると思います。

それは『何と比べて』なんでしょうか?

『今の時代の周りの環境』と比べていませんでしょうか?

『幼い頃から今日までの生活環境』が『コンプレックス』の源であるとするならば、恐らくそこに辿り着くと思います。

極端な話、ほんの100年前までは電気も水道もまだまだ整備されていない状態でした。

70年前では戦場に駆り出されていました。

また、現代でも内戦の絶えない発展途上国の子供達は毎日の食べ物にもありつけない状態です。

周りを見渡しても、あなたより過酷な状況で暮らしている方が多々いらっしゃることは、日々のニュースの中で知ることが出来、悲惨な出来事はたくさんあります。

では何故『コンプレックス』は生じるのでしょうか?

それは『あなたの心が自分で作り出している』ということになります。

自身の境遇は自分だけの経験で、他の誰かと比べるものではありません。
あなたが抱く『コンプレックス』はあなただけのものです。

それは言い換えれば、あなたの人生に他なりません。

それ自体を否定する必要は無いのですが、自分のコンプレックスを見つめ直し、改善していく必要があります。

残念ながら過去へは戻ることは出来ません。

しかし、今あなたの意識を変えることは出来ます。
ますば『そうなのかも知れない』と気付くことから始まります。

人間には『ポジティブシンキング』と『ネガティブシンキング』の二つが在り、そのバランスの中で日々を生きています。

『コンプレックス』とは『ネガティブシンキング』から生じたもののことです。

『ネガティブシンキング』を『ポジティブシンキング』に変えることが出来れば、『コンプレックス』は無くなります。

まずは『ネガティブシンキング』に気付き、それをどう改善していくかが課題となります。

『問題』を『課題』に変えることが一番最初の作業です。

私は『ネガティブシンキング』は在って然るべきものだとも思います。
ようは『バランス』が大切だと思います。

『コンプレックス』は在って然るべきだということを知り、その上で前向きに生きていくことが、コンプレックスの解消に繋がっていくものだと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421588259

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク